IMAGICA GROUP

IMAGICA GROUPは1935年に「映画フィルム」の現像・上映用プリント事業を目…

IMAGICA GROUP

IMAGICA GROUPは1935年に「映画フィルム」の現像・上映用プリント事業を目的に創業し、以来、映像とともに歩んできました。“映像”を軸に世界の人々に“驚き”と“感動”を提供し、新たな“映像”の価値創出に挑戦し続けています。ここでは私たちの手掛ける事業や想いを紹介します。

ウィジェット

リンク

マガジン

  • 経営者・会社情報をお届け

    IMAGICA GROUP グループ各社の社長インタビューや、会社をご紹介します。

  • IMAGICA GROUPの事業をお届け

    IMAGICA GROUP グループ各社が手掛ける事業をご紹介します。

  • 作品情報をお届け

    IMAGICA GROUP グループ各社が手掛けた作品をご紹介します。

最近の記事

  • 固定された記事

高い視座を持って、変化の時代に新たな一歩を|IMAGICA GROUP 代表取締役・長瀬俊二郎インタビュー【後編】

株式会社IMAGICA GROUPは、長瀬俊二郎が2024年4月1日付けで代表取締役社長に就任しました。 長瀬が大切にしている経営哲学とは? ともに働く社員に求めたいこととは? 静かな語り口に込められた熱い思いをお届けします。 大きな魚は池には住めない私の仕事観を形成したものが何だったのかを振り返ってみると、原点となっているのは自身で起業したときの経験です。 IT企業でのシステムエンジニアを経て、個人宅への家事代行サービスの派遣業を立ち上げたのが2005年のこと。市場はまだ

    • 出版の枠を超えたチャレンジを!|イマジカインフォス社員座談会

      TVアニメ『薬屋のひとりごと』の原作小説の出版社としても注目されるイマジカインフォス。会社の雰囲気は? 社員はどんな仕事をしているの? IPビジネスを担当する水野寛(みずの ひろし)さん、『声優グランプリ』副編集長の山内琴美(やまうち ことみ)さん、『S Cawaii!』副編集長の森 健(もり たけし)さんの3人が、働き心地や今後の展望についてざっくばらんに語ります。 熱量高く仕事に取り組める空気感――イマジカインフォスってどんな会社だと思いますか? 山内:変化を止めない

      • 「楽しさ」を軸に、働く環境を整える|IMAGICA GEEQ社長・森田正和インタビュー#2

        2023年4月、ゲーム事業に特化した会社としてスタートしたIMAGICA GEEQ(イマジカ ジーク)。IMAGICA GROUP内にあったゲーム関連事業の基盤を活かし、よりグローバルに成長する企業へと進化するべく、新たな船出へと舵を切りました。 世界を熱狂させるパワーを持つ「ゲーム」を舞台に、IMAGICA GEEQはどう存在感を示していくのか。代表取締役社長の森田正和が、人材育成と働く環境をテーマに語ります。 IMAGICA GEEQの「今」と「これから」を語った第1回

        • IMAGICA GROUPの公式サイトで事業紹介ページをリニューアルしました! 当社グループでは「エンタテインメント分野」と「産業分野」で事業を展開しています。お客様へご提供しているサービスや製品などを、実績と共にご紹介します。 https://www.imagicagroup.co.jp/group/

        • 固定された記事

        高い視座を持って、変化の時代に新たな一歩を|IMAGICA GROUP 代表取締役・長瀬俊二郎インタビュー【後編】

        • 出版の枠を超えたチャレンジを!|イマジカインフォス社員座談会

        • 「楽しさ」を軸に、働く環境を整える|IMAGICA GEEQ社長・森田正和インタビュー#2

        • IMAGICA GROUPの公式サイトで事業紹介ページをリニューアルしました! 当社グループでは「エンタテインメント分野」と「産業分野」で事業を展開しています。お客様へご提供しているサービスや製品などを、実績と共にご紹介します。 https://www.imagicagroup.co.jp/group/

        マガジン

        • 経営者・会社情報をお届け
          8本
        • IMAGICA GROUPの事業をお届け
          7本
        • 作品情報をお届け
          1本

        記事

          世界を舞台に描く、IMAGICA GROUPの成長戦略| 代表取締役・長瀬俊二郎インタビュー【前編】

          株式会社IMAGICA GROUPは、長瀬俊二郎が2024年4月1日付けで代表取締役社長に就任しました。 目まぐるしく変化する時代に、さらなる飛躍をめざすための経営トップの交代。社長就任にあたっての思い、新生IMAGICA GROUPの目指す方向性をお伝えします。 幅広い事業をグループの強みにIMAGICA GROUPの柱は映像関連事業です。とはいえ、「映像の制作」だけにとどまらないのが、当社グループの大きな特長。出版、ゲーム制作、大学や企業などの研究機関に向けたハイスピー

          世界を舞台に描く、IMAGICA GROUPの成長戦略| 代表取締役・長瀬俊二郎インタビュー【前編】

          ドラマ「RoOT / ルート」のキャストトーク付き先行上映会にお邪魔しました!【テレ東ほかにて4月2日(火)放送スタート 毎週火曜深夜24:30~】

          こんにちは、IMAGICA GROUP公式note編集部です。 当社グループのP.I.C.S.が企画・原作を手掛けるドラマ「RoOT / ルート」が4月2日(火)深夜24:30~テレ東ほかにて放送開始されます。また、Netflixでの見放題独占配信も決定しました。 これに先駆け、3月27日(水)に開催した<放送直前!キャストトーク付き第1話先行上映会>にお邪魔しました! 本記事では、イベント当日の様子と、ドラマ「RoOT / ルート」についてお伝えいたします。 本イベン

          ドラマ「RoOT / ルート」のキャストトーク付き先行上映会にお邪魔しました!【テレ東ほかにて4月2日(火)放送スタート 毎週火曜深夜24:30~】

          IMAGICA GROUPの持つ映像制作・技術サービスをゲームの世界へ|IMAGICA GEEQ社長・森田正和インタビュー#1

          2023年4月、ゲーム事業に特化した会社としてスタートしたIMAGICA GEEQ(イマジカ ジーク)。IMAGICA GROUP内にあったゲーム関連事業の基盤を活かし、よりグローバルに成長する企業へと進化するべく、新たな船出を切りました。 世界を熱狂させるパワーを持つ「ゲーム」を舞台に、IMAGICA GEEQはどう存在感を示していくのか。代表取締役社長の森田正和が、IMAGICA GEEQの「今」と「これから」を語ります。 ゲームにまつわるすべてのサービスを一手に日本の

          IMAGICA GROUPの持つ映像制作・技術サービスをゲームの世界へ|IMAGICA GEEQ社長・森田正和インタビュー#1

          「ライトアニメ」で、漫画の新しい楽しみ方を提案する|イマジカインフォス社長・前田起也インタビュー#3

          TVアニメ『薬屋のひとりごと』の原作小説の出版社としても注目される、イマジカインフォス。同社を率いる前田起也は、IP創出を加速させることを大きなミッションと位置付けています。イマジカインフォスだからこそできるIP創出とは? 3回連載の最終回となる今回は、前田が仕掛ける新しいIP※ビジネスをテーマにお届けします。 ※IP:Intellectual Property(知的財産)の略。 コンテンツを立体的に展開する「本が売れない」「雑誌はネット情報にとって代わられた」とはよくい

          「ライトアニメ」で、漫画の新しい楽しみ方を提案する|イマジカインフォス社長・前田起也インタビュー#3

          中継映像が日本のサッカーを強くする!?個人のスーパープレーだけでなく、全体を俯瞰し戦術も楽しめるように

          クリエイティブとテクノロジーで幅広い映像事業を展開するIMAGICA GROUP。実は、Jリーグのサポーティングカンパニーであり、Jリーグの試合の中継制作を支えています。 この中継映像の制作および配信の中心となっているのが、イマジカ・ライヴ。グループ会社であるコスモ・スペースとフォトロンと連携し、J3リーグで戦う「アスルクラロ沼津」のホームゲームの中継制作と配信を担当しています。 この3社が集まり、前回までは、Jリーグをはじめとするスポーツ中継制作・配信の各社の役割と舞台

          中継映像が日本のサッカーを強くする!?個人のスーパープレーだけでなく、全体を俯瞰し戦術も楽しめるように

          クリエイティブを開放する組織に| IMAGICA Lab.社長・志村晶インタビュー

          2021年にIMAGICA GROUPの事業再編によりテレビ番組、テレビCMなどのポストプロダクション事業を目的として設立された新生IMAGICA Lab.。 2023年4月に志村晶が社長に就任しました。今回は、ポストプロダクションの未来をテーマにお届けします。テレビだけでなく、さまざまなプラットフォームで映像が配信されるいま、ポストプロダクションに求められている役割とは? 志村社長が描くIMAGICA Lab.の進むべき方向とは? 安全で高品質な映像を提供する映像制作の最

          クリエイティブを開放する組織に| IMAGICA Lab.社長・志村晶インタビュー

          AI時代にクリエイターやエンジニアに求められることとは!?

          IMAGICA GROUPは、エンタテインメント分野から産業分野まで、"映像”に関するサービスをグローバルにワンストップでお届けしている企業集団です。 その中でも、力を入れているのは、最先端の映像表現を追求した「ライブエンタテインメント事業」。 コロナ禍で激変したライブエンタメですが、音楽イベントやコンサートなど、リアルライブの体験価値が”再認識”され、市場は回復傾向を辿っているといわれています。 コロナ禍を経て映像表現におけるクリエイティブとテクノロジーはどのように変わっ

          AI時代にクリエイターやエンジニアに求められることとは!?

          個性豊かなメンバーが生き生きと仕事のできる環境を|イマジカインフォス社長・前田起也インタビュー#2

          TVアニメ『薬屋のひとりごと』の原作小説の出版社としても注目される、イマジカインフォス。社長の前田起也は、「エンタテインメントの基本は人」と繰り返し口にします。その前田が自社に求める人材とは? 3回連載の第2回は、採用と人材育成をテーマにお届けします。 第1回の連載記事:IPのヒットは時の運。だから僕は人に賭ける 癖のある人、大歓迎!僕は癖のある人が大好き。 エンタテインメントやクリエイティブの世界では、人と違うことってチャームポイント。実際、ヒットを飛ばす人を見ている

          個性豊かなメンバーが生き生きと仕事のできる環境を|イマジカインフォス社長・前田起也インタビュー#2

          中継映像は筋書きのないドラマ。90分の縦軸に横軸のストーリーを加えて演出

          クリエイティブとテクノロジーで幅広い映像事業を展開するIMAGICA GROUP。実は、Jリーグのサポーティングカンパニーであり、Jリーグの試合の中継制作を支えています。 この中継映像の制作および配信の中心となっているのが、イマジカ・ライヴ。グループ会社であるコスモ・スペースとフォトロンと連携し、J3リーグで戦う「アスルクラロ沼津」のホームゲームの中継制作と配信を担当しています。 この3社が集まり、前回は、Jリーグの中継制作・配信の各社の役割と舞台裏を語りました。今回は、

          中継映像は筋書きのないドラマ。90分の縦軸に横軸のストーリーを加えて演出

          映像表現におけるクリエイティブとテクノロジーの可能性を探る

          IMAGICA GROUPは、エンタテインメント分野から産業分野まで、"映像”に関するサービスをグローバルにワンストップでお届けしている企業集団。 最先端の映像表現を追求した「ライブエンタテインメント事業」も手掛けています。 コロナ禍で激変したライブエンタメ業界ですが、音楽イベントやコンサートなど、リアルライブの体験価値が”再認識”され、市場は回復傾向を辿っているといわれています※1。 今回は、グループ会社のP.I.C.S.(ピクス)やIMAGICA EEX(イマジカ イー

          映像表現におけるクリエイティブとテクノロジーの可能性を探る

          スポーツの中継映像はどのように作られている!?

          クリエイティブとテクノロジーで幅広い映像事業を展開するIMAGICA GROUP。実は、Jリーグのサポーティングカンパニーであり、Jリーグの試合の中継制作を支えています。 この中継映像の制作および配信の中心となっているのが、イマジカ・ライヴ。J3リーグで戦う「アスルクラロ沼津」のホームゲームでの中継制作と配信は、同じくIMAGICA GROUPのコスモ・スペースとフォトロンが連携して担当しています。 今回は、Jリーグの試合中継に携わるグループ3社の役割と、中継映像制作の裏

          スポーツの中継映像はどのように作られている!?

          あらゆる映像作品がボーダレス&シームレスに世界へ羽ばたく時代。その裏側を映像技術で支えるグローバルE2E事業をご紹介します

          通信やデジタル技術、そしてデバイスの進化に伴い動画配信事業者が提供するプラットフォームが拡充した現在、映像コンテンツは、場所や時間に制限されることなく、文化や言語の壁を超え、世界中どこからでも楽しめるようになりました。 完成した映像作品を世界で視聴するために欠かせないのが、字幕・吹替(ローカライズ)、そして上映・配信(ディストリビューション)向けのサービスです。 それらのサービスを提供しているのが、IMAGICA GROUPのグループ会社である、IMAGICAエンタテイン

          あらゆる映像作品がボーダレス&シームレスに世界へ羽ばたく時代。その裏側を映像技術で支えるグローバルE2E事業をご紹介します