IMAGICA GROUP

IMAGICA GROUPは1935年に「映画フィルム」の現像・上映用プリント事業を目…

IMAGICA GROUP

IMAGICA GROUPは1935年に「映画フィルム」の現像・上映用プリント事業を目的に創業し、以来、映像とともに歩んできました。“映像”を軸に世界の人々に“驚き”と“感動”を提供し、新たな“映像”の価値創出に挑戦し続けています。ここでは私たちの手掛ける事業や想いを紹介します。

ウィジェット

リンク

マガジン

  • 【広告戦略に特化】クリエイティブエージェンシー

    • 36本

    【イマジカアイリス】 「作る」だけでなく「届けて、伝わる」までを追求し、クリエイティブ制作・WEBコンテンツ制作・広告運用をまとめてご提案させて頂くことで、 クライアント様のビジネス戦略をトータルコーディネートします!

  • IMAGICA GROUPの事業をお届け

    IMAGICA GROUP グループ各社が手掛ける事業をご紹介します。

  • IMAGICA GROUPではたらく人々のインタビュー

    IMAGICA GROUP グループ各社ではたらく社員をご紹介します

  • 作品情報をお届け

    IMAGICA GROUP グループ各社が手掛けた作品をご紹介します。

  • 経営者・会社情報をお届け

    IMAGICA GROUP グループ各社の社長インタビューや、会社をご紹介します。

最近の記事

  • 固定された記事

イマジカインフォス✖️DNP(大日本印刷)「ライトアニメ」が巻き起こすエンタテインメントの新たな潮流#1

イマジカインフォスと大日本印刷が手がける新しいエンタメの形、「ライトアニメ」が注目を集めています。制作費は一般的なアニメ作品の1割程度の上、制作スピードは企画立ち上げからほぼ半年で放映可能という、超低コストかつ早期のアニメ化が可能でありながら、その映像表現は目の肥えたアニメファンからも高い評価を得ています。6月にテレビ放送がスタートした『まぁるい彼女と残念な彼氏』 も好調! 続く第2弾作品として、『未来の⿊幕系悪役令嬢モリアーティーの異世界完全犯罪⽩書』(原作:⿊銘菓 /YU

    • お客様の求めているその一歩先を見通す I フォトロンのハイスピードカメラ

      こんにちは。IMAGICA GROUP 公式note編集部です。 当社グループでは”映像”を軸に、エンタテインメントと産業の2つの分野にて事業を展開しています。 産業分野を担っているグループ会社のフォトロンでは、4K解像度を実現した超高解像度でありながら、手のひらサイズのコンパクトな高速度カメラ「FASTCAM Mini R5-4K」を7月11日(木)に発売しました。 今回は企画、開発に携わった2名の担当者にインタビューを実施。前編ではこのハイスピードカメラの新製品の機能や

      • プロの仕事はどこが違う?IMAGICA Lab.が描く「ポスプロの未来予想図」#3

        ノートパソコンやスマートフォンでも手軽に動画編集ができる今。誰もが作り手になれる時代だからこそ、ポストプロダクションにはプロフェッショナルにしかできない高クオリティな仕事が求められます。そこで、IMAGICA Lab.の現役社員4人が座談会の締めくくりに選んだテーマは、「プロフェッショナルとアマチュアの違い」。4人がさまざまな動画を見ていて、「気になってしまう」ポイントとは? 心地よい余白が没入感を生む隠れたポイント――SNSや動画配信サイトには、プロ が作ったものから個人

        • 最先端の技術をコンパクトに詰め込んだ4K超高解像度の小型ハイスピードカメラ

          こんにちは。IMAGICA GROUP 公式note編集部です。 当社グループでは”映像”を軸に、エンタテインメントと産業の2つの分野にて事業を展開しています。 前回は、産業分野に向けて、製品・サービスを提供する、当社グループのフォトロンの設計、開発、製造、販売、保守を手掛けるハイスピードカメラの魅力や仕組みについてご紹介いたしました。 そんなハイスピードカメラの新製品が2024年7月11日(木)に発売となります。 4K解像度を実現した超高解像度でありながら、手のひらサイ

        • 固定された記事

        イマジカインフォス✖️DNP(大日本印刷)「ライトアニメ」が巻き起こすエンタテインメントの新たな潮流#1

        • お客様の求めているその一歩先を見通す I フォトロンのハイスピードカメラ

        • プロの仕事はどこが違う?IMAGICA Lab.が描く「ポスプロの未来予想図」#3

        • 最先端の技術をコンパクトに詰め込んだ4K超高解像度の小型ハイスピードカメラ

        マガジン

        • 【広告戦略に特化】クリエイティブエージェンシー
          36本
        • IMAGICA GROUPではたらく人々のインタビュー
          10本
        • IMAGICA GROUPの事業をお届け
          15本
        • 作品情報をお届け
          3本
        • 経営者・会社情報をお届け
          10本

        記事

          豊田市立藤岡南中学校の生徒さんに当社のSDGs活動を取材していただきました

          IMAGICA GROUPでは、グループ横断のSDGs活動として、子供たちが「自ら考え、創造する力」を育むことを目的に、地域社会とともに体験教室を実施するプロジェクト「CREDUCATION® ACADEMY」を推進しています。 子供たちが“映像“を通じ、好奇心と探求心を持って主体的に学ぶ機会を継続的に提供することで、SDGs目標4「質の高い教育をみんなに」目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」に貢献してまいります。 そんな「CREDUCATION® ACADEM

          豊田市立藤岡南中学校の生徒さんに当社のSDGs活動を取材していただきました

          「誰のため」「何のため」の仕事かが見える、だから毎日やりがいにあふれている

          こんにちは、IMAGICA GROUP公式note編集部です。 今回は、ドラマ「岸辺露伴は動かない」「RoOT / ルート」をはじめ、アニメ「オッドタクシー」、PerfumeのMV、ZOZO NEXTのコンセプトムービーなどを手掛けてきた当社グループの株式会社ピクス(以下、P.I.C.S.)にフォーカス。 ジャンルを問わず新しい映像表現を追求するP.I.C.S.のプロデューサー 松竹奈央さんにインタビュー。裁量が大きく日々やりがいを感じていると語る松竹さんに、P.I.C.S.

          「誰のため」「何のため」の仕事かが見える、だから毎日やりがいにあふれている

          BSテレ東放送の『築き人』は、なぜずっと観ていられるのか、僭越ながら考察してみた

          こんにちは、IMAGICA GROUP公式note編集部です。 突然ですが、みなさんBSテレ東で毎週木曜 夜8時54分放送の『築き人』という番組をご存知でしょうか? 1話の放送時間は約4分で、前後編に分かれてお届け。前編ではゲストの築いてきたものを、後編ではゲストの愛する建築物についてトークをする番組です。 なんでしょう。。。この番組、観ていてすごく心地良いんですよね。 今回は超個人的にこの番組のなにが心地良いのか検証してみました! ①MC 田中道子さんの魅力 MCを務め

          BSテレ東放送の『築き人』は、なぜずっと観ていられるのか、僭越ながら考察してみた

        • デジタル広告の未来を切り拓く

          日々最適なかたちでお客様の課題解決に取り組む、IMAGICA IRIS社員の仕事へのリアルな想いと姿勢に光を照らすショートインタビューシリーズです。 働くメンバーの素顔や仕事への考え方がわかる内容となっておりますのでお客様や求職者の方にも是非ご覧いただければと思います。 今回はIMAGICA IRISセールスDiv.でアカウントプランナーとして活躍しているスタッフのお話です。 ー自己紹介とIMAGICA IRISに入社した理由を教えてもらえますか? アカウントプランナ

          世界と共に、世界を相手に。グローバルゲーミングカンパニーへの挑戦|IMAGICA GEEQ社員クロストーク

          IMAGICA GEEQのようにゲーム制作・サービスの全工程を提供できる企業は、国内ではまだ数少ない存在です。ニーズに合わせ、さまざまな提案と展開ができることは、IMAGICA GEEQの大きな強み。その力を持って、いま乗り出していこうとしているのが世界の舞台です。営業・プロデューサーの岩澤朋也さん、事業戦略部のジョシ・エリザベスさんが、「世界との仕事」をテーマに語ります。 ゲーム制作では海外との協働が一般的に――まずはおふたりの業務内容から教えてください。 岩澤:私の所

          世界と共に、世界を相手に。グローバルゲーミングカンパニーへの挑戦|IMAGICA GEEQ社員クロストーク

          気象予報士としての使命感が、新たな挑戦へと突き動かし続ける |ウェザーマップ 長谷部愛さんインタビュー後編

          テレビやラジオなどでお馴染みの天気予報。気象予報士派遣や気象情報の提供および配信を行う株式会社ウェザーマップもIMAGICA GROUPのグループ会社です。 今回は、ウェザーマップ所属の気象予報士として活躍しながら、東京造形大学で天気とアートをからめた講義も手がける長谷部愛さんにインタビュー。前編では、長谷部愛さんの生い立ちから難関試験に合格し、気象予報士としての使命感に目覚めるまでをご紹介しました。後編では、「天気とアート」をテーマに教鞭を執り、初の著書を上梓するなど、活

          気象予報士としての使命感が、新たな挑戦へと突き動かし続ける |ウェザーマップ 長谷部愛さんインタビュー後編

          ハイスピードカメラはなぜ高速現象を捉えられるのか

          こんにちは、IMAGICA GROUP公式note編集部です。 当社グループでは”映像”を軸に、エンタテインメントと産業の2つの分野にて事業を展開しています。 今回は“産業分野”にフォーカスし、グループ会社のフォトロンが誇るハイスピードカメラを連載記事でご紹介。後編ではハイスピードカメラの仕組みをご説明します。 ハイスピードカメラでは以下の動画のように、人の目には見えない一瞬を捉えることが可能です。 ハイスピードカメラとは何か、一瞬を捉える神秘映像の世界を紹介した前編はこ

          ハイスピードカメラはなぜ高速現象を捉えられるのか

        • 管理画面の向こう側に広がる広告の世界

          日々最適なかたちでお客様の課題解決に取り組む、IMAGICA IRIS社員の仕事へのリアルな想いと姿勢に光を照らすショートインタビューシリーズです。 働くメンバーの素顔や仕事への考え方がわかる内容となっておりますのでお客様や求職者の方にも是非ご覧いただければと思います。 今回はIMAGICA IRISの広告運用コンサルタントとして活躍しているスタッフのお話です。 ー自己紹介とIMAGICA IRISに入社した理由を教えてもらえますか? 広告運用コンサルタントの堂本 祐

          ハイクオリティな3Dアートを支える、IMAGICA GEEQの育成プログラムとは?

          フォトリアルなゲームが次々に登場し、高品質なグラフィックスが求められるゲーム業界。そうしたゲーム業界で高い評価と信頼を得ているのが、IMAGICA GEEQのアート制作力です。背景にあるのは、独自の社内育成プログラム。未経験の人でも、ビッグタイトルに関わるまでにスキルが高められるカリキュラムとは? IMAGICA GEEQで若手中心のチームを束ねる、島村達也さんに伺います。 育成専任社員のもとでみっちり研修!――普段のお仕事内容を教えてください。 現在は、マネジメント業

          ハイクオリティな3Dアートを支える、IMAGICA GEEQの育成プログラムとは?

          ドラマ『RoOT / ルート』最終回直前!プロデューサーに、「このドラマは、どこかおかしい。」と聞いてみた!

          こんにちは、IMAGICA GROUP公式note編集部です。 2024春ドラマで話題沸騰中のドラマ『RoOT / ルート』(毎週火曜日 深夜24:30~テレ東ほかにて放送中)は皆さんご覧になりましたか? アニメ 『オッドタクシー』の世界から誕生した、探偵コンビが奇妙なタクシー運転手の素行調査から次第に大きな事件へと巻き込まれていく、踏み込んだら抜け出せない群像“ヒューマン”ミステリードラマです。愛嬌ゼロの先輩探偵・玲奈を演じる河合優実さんと、その後輩・凶運のポジティブ新

          ドラマ『RoOT / ルート』最終回直前!プロデューサーに、「このドラマは、どこかおかしい。」と聞いてみた!

          確かな基準で「AI時代に求められる人材」を育てる。 IMAGICA Lab.が描く「ポスプロの未来予想図」#2

          ポストプロダクションのパイオニアとして、業界を牽引してきたIMAGICA Lab.。信頼の技術力を生む背景には、独自に構築してきた人材育成システムがあります。指名の絶えないプロフェッショナルは、いかに育成されるのか?  座談会2回目となる今回のテーマは、IMAGICA Lab.流のクリエイター育成法です。 第1回はこちらからどうぞ。 多様な案件から実地で学ぶ――現場で働く皆さんが、IMAGICA Lab.の人材活用、人材育成で特徴的だと思われるのはどんなところですか?

          確かな基準で「AI時代に求められる人材」を育てる。 IMAGICA Lab.が描く「ポスプロの未来予想図」#2

          経営は「人」、仕事は楽しくしたい|IMAGICA GEEQ社長・森田正和インタビュー#3

          設立2年目を迎え、成長スピードを加速させるIMAGICA GEEQ(イマジカ ジーク)。IMAGICA GROUP内にあったゲーム関連事業の基盤を活かし、よりグローバルに成長する企業へと歩みを進めています。 世界を熱狂させるパワーを持つ「ゲーム」を舞台にIMAGICA GEEQはどう存在感を示していくのか。舵取りを担う代表取締役社長・森田正和の「経営哲学」に迫ります。 どんな事業も本質は「人」「経営とは何か」と問われたら、私は「人である」と答えます。 すべての事業は人で成り

          経営は「人」、仕事は楽しくしたい|IMAGICA GEEQ社長・森田正和インタビュー#3