見出し画像

豊田市立藤岡南中学校の生徒さんに当社のSDGs活動を取材していただきました

IMAGICA GROUPでは、グループ横断のSDGs活動として、子供たちが「自ら考え、創造する力」を育むことを目的に、地域社会とともに体験教室を実施するプロジェクト「CREDUCATION® ACADEMY」を推進しています。

子供たちが“映像“を通じ、好奇心と探求心を持って主体的に学ぶ機会を継続的に提供することで、SDGs目標4「質の高い教育をみんなに」目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」に貢献してまいります。

そんな「CREDUCATION® ACADEMY」の一環として、2024年6月5日(水)、豊田市立藤岡南中学校様の「SDGs活動取材訪問」を受け、IMAGICA GROUPのSDGs推進活動の紹介をさせていただきました。

藤岡南中学校では、「SDGsの視点から地域の課題をとらえ、未来のために今を生きる私たちにできること」をテーマに、SDGsに関わる追及学習を進めており、この度、修学旅行での東京訪問に際して「企業のSDGs活動」を取材されたそうです。

当社にも5名の生徒さんがいらっしゃり、「映像を手掛ける会社のSDGs活動とは?」ということで、事前にいただいていた以下の質問を中心に、IMAGICA GROUPの活動を紹介いたしました。

(事前にいただいていた質問)
・「CREDUCATION ACADEMY」の取り組み内容を教えてください。
・SDGsへの具体的な貢献として、取り組み内容を教えてください。
・新たな事業を行うときに大切にしていることを教えてください。
・映像を通じて、今後どのようにSDGsに取り組むのか教えてください。
・地域の方と取り組んでいることがあれば教えてください。

これらの質問に先立ち、「そもそもIMAGICA GROUPってどんな会社?」かを説明するため、当グループで手掛けた映像作品を紹介したり、産業用のハイスピードカメラの撮影事例を紹介したりと、「実は、IMAGICA GROUPってみなさんの身近にあるんですよ」ということを知ってもらいました。

その後、質問にお答えしていきましたが、まずは当社の経営理念サステナビリティ方針を紹介し、次いで具体的な施策事例を紹介しました。

また、SDGsの事例紹介以外にも、IMAGICA GROUPのオフィスがある「竹芝メディアスタジオ」(IMAGICAエンタテインメントメディアサービス)の紹介をし、ビル内に試写室や編集室があることを説明すると、非常に興味深そうに話を聞いてくださいました。

午前中という短い時間の中ではありましたが、「映像を手がける会社のSDGs活動」を紹介できたのではと思います。

なお、生徒さんは、後日授業参観の場にて取材のレポートを報告するようです。発表、頑張ってください!

最後に、学校と生徒さんからお礼の手紙をいただきましたので、一部をご紹介いたします。


●IMAGICA GROUPのSDGs活動のご紹介(一部抜粋)


IMAGICA GROUPではこれからも、持続的な成長を実現するとともに、“映像”を軸にした様々な活動を通じて社会の多様なニーズにお応えすることで、豊かで持続可能な社会の実現に貢献してまいります。
今後もサステナビリティ関連の情報をこちらのnoteでも更新していく予定ですのでお楽しみに。

最後までお読みいただきありがとうございました。

CREDUCATION® ACADEMY(クレデュケーションアカデミー)とはCreativeとEducationをかけ合わせた造語です。
「CREDUCATION」はIMAGICA GROUPの登録商標です。

この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

IMAGICA GROUPの最新情報を発信しています。ぜひフォローお願いいたします!